数学アカデミーSAC

数学アカデミーSAC

数学アカデミーSAC

おすすめの参考書

自習学習に最適な参考書を書いておきます。
学習の助けにしていただければ幸いです


網羅系

参考書名 難易度(1~5) 論評
青チャート  3  高校数学の基礎を理解するのに最適な参考書です。ⅠAからⅢCまでの学習をこの青チャートで済ませれば高校数学の基礎は完成されたと言えるでしょう 。
赤チャートでは初めて学習するには負荷が大きいわりに得るものが青チャートと変わらないため青チャートから手をつけることがおすすめです。
plus elite  3  問題の解き方について原理までしっかり解説のある網羅系参考書です。青チャートと選択でやるといいでしょう。よりきちんと理解しながら勉強を進 めたい人にお勧めです。
Focus Gold  3  青チャートと似たような構成の網羅系参考書です。問題のレベルの幅はやや広く、黄〜赤チャートの問題から選りすぐったようになっています。網羅系 参考書は自分の好みで決めていいでしょう。
白チャート  1  学校の教科書の内容からしっかり確認しつつ、問題も解けるようになっていきたい人向けです。問題の難易度は確かに優しいが大切な基本事項は しっかり抑えてます。


問題集

参考書名 難易度(1~5) 論評
4step,
サクシード
 1  進学校などで多く配られる教科書傍用問題集です。習いたての人が基本から解き始め、次にやる問題集への足がかりとして習った分野を使いこなせ るようにするのによいでしょう。
一対一対応の数学  4  高校数学における頻出であるが基礎学習においては見かけない重要な考え方を習得するのに最適です。 難問に立ち向かうための下地になります。
新数学スタンダード演習  4  基礎の学習と数学において頻出の考え方を使って考える訓練をするのに最適な参考書です。 難しいものから簡単なものまで幅広い問題があるので一通り学習が終わったら挑戦してみるといいと思います。
新数学演習  5  年度にもよりますが難しいです。面白い問題が多く含まれているので学習が一通り終わった方は実力試しとしてやってみるといいと思います。
ハイレベル理系数学  5  内容は難関校のトップレベルです。解答が丁寧で、別解も豊富に載っているので、数学の学習を一通り終えた後、さらに実践力をつけたい人にお勧めです。

おすすめ勉強法

まず青チャートで基礎をさらう → 一対一対応の数学で考え方を身につける → 新数学スタンダード演習で身につけたものを自由に使えるようにする  → 過去問に取り掛かり傾向を把握する
というのが大学受験をするにあたってもっとも効率的な勉強だと思います。この学習を終えれば難関大学と呼ばれている大学であっても数学において 合格点を取ることが十分に可能でしょう。数学を得意科目にして数学で入試を有利に進めたい方はスタンダード演習を終えた後に新数学演習やハイレベル理系数学 などの参考書で実践演習をして考え方の幅を広げることや、難問へのアプローチの仕方を学んでおけば良いです。もちろん過去問と並行しながら学習するのも 悪くないです。参考にしていただけると嬉しいです。